Feature 02

土地

大事な土地売却のポイントを丁寧に解説

標準的な建築物を売却するケースとは異なり、土地の売却時は、敷地内の建築物の解体や隣地との境界の確定などの特有のポイントかあります。また、不動産登記の内容確認も大事な留意点で、特に相続物件の売却を進める際は、登記の確認は必須事項です。そうした地所の売却準備に関する基本情報を、不動産管理のプロとして丁寧に説明しながら、横浜近隣の皆様が思惑通りの成約を実現できるようサポートいたします。

建築物を解体するべきかを適切に判断

敷地内に建築物が残っている土地の売却は「更地にして売るか、建物付きで売るか」が、販売活動を進めていく上で大事な判断のポイントになります。通常は、地所のみの資産価値で売却価額を査定されるケースが多く、築年数20年以上といった古い木造戸建て等は「資産価値はない」と見なされるのが一般的です。国内の建築物は欧米の物件と比べると、概ね早めに価格が下がる傾向があるのが現実です。横浜近隣の皆様から建築物を伴う地所の不動産売却をご用命いただいた際は、建築物を解体して売却するべきかを専門家として適切に判断します。

売却時の要点を分かりやすく解説

例えば、木造の古い戸建てが敷地内にある場合の解体費用は、100万円前後が目安といわれています。もちろん、「建物付きの地所」として販売活動を行えば解体費用を負担せずに済みますが、その場合は買手から、後日撤去工事分を値引き交渉される可能性もあり得ます。また、建物付きの地所は大幅に課税率が下がりますが、毎年元旦時の状況が課税の基準となるので、年越し前に建築物を解体すると課税率が大幅に上がってしまいます。土地の不動産売却におけるこうした要点を、横浜近隣の皆様に分かりやすく解説いたします。

Access

アクセス

株式会社大誠

住所

〒231-0033

神奈川県横浜市中区長者町5-75-1

スクエア長者町504号室

Google MAPで確認する
電話番号

045-315-6868

045-315-6868

営業時間

10:00~18:00

定休日

水曜日

FAX

045-315-6836

アクセス

最寄り駅の、JR関内駅・市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅より、歩いてすぐの好立地で営業しています。地域密着の気の利いた売却サポートを行っています。

プロの見識で土地の売却プランを考案

一言、「土地の不動産売却」といっても、それぞれの売却パターンによってメリット・デメリットがあり、建築物を解体して更地に整備して売却するやり方、敢えて「建物付きの地所」として建築物を解体せずに売却するやり方などから、状況に合わせて最適な売却手法を判断する必要があります。横浜近隣の皆様から地所の売却をご依頼いただいた際は、お客様のご意向やこだわり、物件の現状などを詳しくお伺いした上で、プロの見識で最適な売却プランを考案してご提案いたします。

Related posts

関連ページ